忍者ブログ
 発達障害を持つ息子との毎日。                                                      息子の成長を願い、望み、時には喜び、時には悲しみ、                                           それでもきっとたくさんの花を咲かせてくれると信じて過ごしている様子です。                                    私の愛すべき娘と息子との日々をご紹介します。(^∇^*)♪
| Admin | Write | Comment |
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
プロフィール
HN:
鈴蘭
HP:
性別:
女性
職業:
介護福祉士
趣味:
娘と息子♪
自己紹介:
 発達障害の息子と共に歩む
母親です。
 毎日を楽しく過ごす事を
目標に頑張っています。^^
 それでもやっぱり楽しい
事ばかりではありません。
 時々グチもこぼしますが、
宜しくお願い致します。
ブログ内検索
最古記事
 [PR] 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 仕事から疲れて帰って来て、一番頭にくる一言は

 『おみやげは~?』

 『お帰りなさい』も無く、いきなりの一言はかなり
癇に障ります。

 『お土産買うために、仕事してるんじゃない!』と、
心の中で文句を言いつつ、そんな時はたとえお土産を
買っていても『ない!』と言い、自室にスタスタ入っていきます。

 巷ではGWで盛り上がり、テレビをつければ観光名所の
案内とGW中の天気予報ばかり・・・。

 まあいい、まあいい。 好きな仕事についているんだもん。

 そう思いつつ、時には職場で嫌な思いをしたり、腹立たしい
事があったりします。

 今日もそうでした。

 私の部屋は2階の一番奥。
娘の部屋を通過し、息子の部屋を横切り、やっと私の部屋に
到着します。

 今日は娘は学校。 息子の部屋を開けると、例によって動画か
ゲームか解りませんが、不健康そのものな雰囲気が漂っています。
『お帰り』も言わない息子の部屋を私も無言で通り過ぎ、
自室に入りました。

 ところがそれから数分後、扉の向こうから息子が

 『ママ、元気?』 と、声をかけてきました。

 『少し疲れているかなあ』 と、私が答えると

 『お帰り』 と息子の言葉。

 『ありがとう。 ただいま』と、思わず笑顔になる単純な私。

 『言葉』って大切だなあ~ としみじみと思いました。
たった一言。 

 それだけで疲れも吹っ飛ぶ魔法のようです。^^
PR
 仕事、講習で日々忙しく、昨日のイブも講習でした。

 ケーキも無い、チキンはかろうじてスーパーで売っている
味の濃いチキン。
 他はいつもと同じ食事の内容。

 でも

 愛はある!

 と、感じてます。^^

 息子は夕食が終わると、洗濯をしている私の側に来て、
『ママの部屋で待ってるね』と言い、私のベッドでカード
ゲームをしています。
 時々テレビの内容について話しかけてきたりしますが、
基本的には二人の間に会話はありませんが、適度な
距離感を保ちながら、お互いの体温を感じられる距離
位置しています。(今も)

 今日は娘は大学の後にお友達とライブに行くとかで
遅くなると言っていましたが、昨夜は息子と遅くまで
ゲームをして過ごしていました。

 さて、さて 今年の息子からのサンタさんへの
リクエストは・・・
 特に聞いていません。(^▽^;)

 聞いていないけど、プレゼントは用意してあります。

 それは何故か・・・

 娘は昨年18歳になりました。
そして、一生分のプレゼント、お年玉、クリスマス、
もろもろをひっくるめて最後のプレゼントとして
免許をとらせました。

 故に、娘にはもうサンタクロースは来ません
しかし、そこは悪知恵満載の娘。

 PS3 の素晴らしさを息子に語り、更に私に
『Yが一番やりたいゲームって、PS3でしか出来ないんだよ~』
と、耳元で呪文のように繰り返しました。

 何故娘はPS3にこだわるのか・・・。

 そう。例のあのゲームがPS3で発売されたからです。
ソフトはどうやらバイト先の店長さんが終わったら貸して
もらえうと言う約束をとりつけ、後は本体

 そこで息子が出てくる訳です。

 やるな、娘。。。

 忙しくて買い物に行けず、ネットショッピングを楽しんでいる
私の背後からひたひたと近づき、『これだよ。これ~~~』
ご丁寧に検索までしてくれました。

 故に息子のプレゼントは決定。
娘もちゃっかり便乗してPSPのソフトを手に入れる・・・
というストーリーです。

 そしてあとは、息子が早く寝るのを待つのみ!

 しかし、最近は私より遅くまで起きている息子。。。
すでに睡魔が襲っている私。。。

 がんばれ サンタさん!

 寝過ごしたら大変だぞ~~~ヾ(;´▽`A``
 祖父! 
 息子の祖父、言い換えれば私の父は、
昭和12年生まれの、いい歳のおじいちゃん。

 しかし、いつも自分の道を進み、自分の好きなように
生きてきた父は、息子と一緒に旅行に行くと、まず間違いなく
『お父さん』と間違えられるほどに若々しいです。

 しかし、やる事は、時には息子以下。。。(w_-;

 先日、夜勤明けの疲れた体を引きずり、自室へ行く階段を
上がっていると・・・
 階段の横の網戸に蝉の抜け殻が・・・

 しかも、1匹や2匹ではありません。

 1・2・3・・・

 全部で7匹!

 しかも、内側から着いています。

 当然我が家の部屋から蝉の幼虫が孵るわけもなく、
明らかに! 内側から! 故意に! くっつけたと思われます。

 私は思い切り

 『ちょっと!Y! 何てことするのよ~! 気持ち悪いでしょ!』と
自信を持って怒鳴ると、

 『え!? それ、オレじゃないよ~』と、困惑した息子の返答。

 『んん!?』 と、娘の顔を見ると、

 『私がそんな事する訳無いじゃん、昆虫嫌いだもん』と、
まあ納得の答え。

 まあ、そりゃそうだ。

 『じゃあ誰よ? 他にする人間なんていないでしょ?』と
蝉の抜け殻を見ながら考える私。

 『じぃちゃんじゃない?』

 娘のその一言に

 『ああ! 有り得る!』と、全くの盲点を付かれた気持ちでした。

 それにしても・・・

 蝉の抜け殻を持ってきて、一体どんな顔して網戸に
くっつけたのか。。。┐(-。ー;)┌

 父も今の時代に生まれていれば、息子同様学校という
集団生活に馴染めず、父の母は頭を抱えていたかもしれません。(笑)
 今朝。

 朝の6時。

 仕事に向かう私はゴミ捨て場に立ちすくんでいました。

 ゴミ。。。
ではなく、ゴミ捨て場の電柱に釘付けになっていました。

 『インコを探しています』

 その張り紙を凝視していました。

 きた! やっぱりきた!
間違いない! 家に来ている『小さなお客さん』だ!

 黄色いくちばし。 青いお腹。 間違いありません。

 昨日、もう家に来て1週間が経ち、いつまでもランドリー
バスケットの中では可愛そうだと思い、鳥かごを買ってきた
のでした。

 籠を組み立てている間、インコは私の肩の上をちょこちょこ。
かわいいなあ~♪ すりすり♪ と頬ずりしながら組み立てた鳥籠。


 家に帰ったら連絡しないと。 きっとずっと探していたんだろう。
だけどインコと暮らした1週間が思い出され、今日はがむしゃらに
仕事をして、なるべくインコの事を考えずにいました。

 息子は父と旅行中。 うん。 お別れを見ない方がいいに
決まっている。あんなに大事にしていたんだから。

 しかし家に帰ると何と息子と父は帰宅していました。

 息子に『インコの飼い主が見つかったから電話するよ』と
早口で言うと 『え?どうして解ったの?』と息子。
『張り紙がしてあったの。自分で電話する?』と聞くと、
『いいよ、ママがして』と言いました。

 携帯を出し、メモをした電話番号にかけようとし、
『やっぱりもう少し遊んでからにする?』と聞くと
『ううん。今日はずっと遊んだからいいよ』と息子。

 本当は私がもっと側にいたかったのかもそれません。

 飼い主は大喜びで夕方やって来ました。
同じ町内会の顔見知りのお母さんでした。
何度も何度もお礼を言い、本当に嬉しそうにインコを
連れて帰って行きました。
 その嬉しそうな顔を見て、本当によかった、と思いました。

 でも、正直とても寂しいです。

 娘は落ち込んでいる私に『鳥、買ってあげようか?』と言い、
息子は『ママ、インコがいなくなって悲しい?』と、聞いてきました。
『うん。とっても悲しい・・・。』と私が答えると、
『よしよし。でも、ちゃんと返して偉かったね』と頭を撫でて
くれました。

 おいおい。 立場が逆だろう。(笑)

 『Yは悲しくないの?一番世話をしていたのに』と
私が聞くと 『うん。でも、もともといなかったものだから』
との返答。

 決して悲しくない訳ではありません。

 息子も

 娘も

 母も

 それぞれの思いを抱き、この充実した1週間を
思い返す事でしょう。

 本当に大切な事を学んだ1週間でした。

 『ひよさん』ありがとう。 よかったね。

 でも。。。

 また遊びに来てね。^^
 
 小さなお客さん。

 まだ飼い主は現れません。

 何となく、何となく 少しホッとしている私。(^^ゞ

 飼い主が見つかるまで、とりあえず名前をつけてみようと
考えました。

 娘は『ジュリアンヌ』とか『ポン太』とか、その都度呼び名を
変えるし、息子は『インコ』とか『とり』とか、見たまんまじゃん!
というネーミングセンスの無さ。ヽ(´・`)ノ フッ

 よし!

 ここは私が考えよう!

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 と、仕事帰りに考えつつ・・・

 決めた!

 『ひよさん』若しくは『ひよひよ』だ!
と、子どもたちの事は言えないセンスの無さですが、
とりあえずは名前決定~!

 しかし、『ひよさん』はやはり日中一緒にいる息子に
一番懐き、私が手を出そうものなら、ガガガガガ!と
噛み付いてきます。。。o(TヘTo)

 『ひよさん』・・・ 可愛いけど、痛いよ・・・

 噛みつかれても、糞をされても、なお愛しい小さな命。

 次の仕事がお休みの日までに飼い主が見つからなければ、
とりあえずは、鳥籠を買いに行こうかな~と考えています。^^
≪ Back  │HOME│

[1] [2] [3]

Copyright © 日々の徒然日記 ^^。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By SweetTime / Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]