忍者ブログ
 発達障害を持つ息子との毎日。                                                      息子の成長を願い、望み、時には喜び、時には悲しみ、                                           それでもきっとたくさんの花を咲かせてくれると信じて過ごしている様子です。                                    私の愛すべき娘と息子との日々をご紹介します。(^∇^*)♪
| Admin | Write | Comment |
カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
プロフィール
HN:
鈴蘭
HP:
性別:
女性
職業:
介護福祉士
趣味:
娘と息子♪
自己紹介:
 発達障害の息子と共に歩む
母親です。
 毎日を楽しく過ごす事を
目標に頑張っています。^^
 それでもやっぱり楽しい
事ばかりではありません。
 時々グチもこぼしますが、
宜しくお願い致します。
ブログ内検索
最古記事
 [PR] 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 毎年子ども達と年に1回の家族旅行
近場のホテルに2泊3日。
 必ず観に行くポケモンの映画。。。

 今年はどうやら家族旅行は無くなりそうです。

 当初予定していた日程に、娘の試験があって延期。
更に就職活動のために今より軽いノートパソコンが欲しいと
娘が言い出し、昨日10万円ちょっとのノーパソを購入。
 鉄道研究クラブに入っている息子は、携帯のカメラだと
上手く電車の写真が撮れないと、2万円のデジカメを購入。

 『・・・みんな・・・』

 『今年の家族旅行は無理だぁぁぁ~!
と、私の叫び。

 離婚してから10年以上、毎年決まった場所に、ホテルに、
コースにと、行ってきた家族旅行

 これも成長なんでしょうかね。
子ども達はそれぞれノーパソにデジカメに満足の様子。

 息子は一人旅を計画しており、松本城に来週行くと
言っています。

 それぞれの夏。

 それぞれの思い出。

 まぁ、今までの家族旅行を忘れないでいてくれれば
嬉しい限りです。

 そうして、子ども達は旅立って行くのでしょうね。^^
PR
 高校生になり、日々、マイペースで過ごしている息子。

 でも、やっぱりこの高校に入学してよかったと思います。
何せ、個性的な子が多く、先生方もその道のエキスパート
子ども達の良き理解者として子ども達の成長を見守って
くれている気がします。

 相変わらず日々の出来事には無口な息子ですが、
先日行われた前期の試験の最中に

 『今度のテストで90点が2教科あったら、3DSと
ゲームのソフトを勝ってよ』
と、無謀とも思える勝負を
仕掛けてきました。(笑)
 
 相変わらず試験の最中だという気配を感じさせない息子。
入学以来教科書なんて自宅で見たこともありません

 『ほほぅ。面白い』 と、思いつつ、そう言うからには
よっぽどの自信があるんだなと言う事はすぐに解りました。

 勝てない喧嘩はしない息子。(笑)

 それでも、息子が90点などという点数を本当にとれるか
という期待と楽しみはありました

 そして、帰ってきたテスト用紙。。。

 英語・・・57点
 国語・・・67点
 理科・・・80点  

 そしてこの後、怒涛の奇跡ラッシュが!

 ビジネス基礎・・・88点!

 簿記・・・91点!!

 情報A・・・
99点!!!

 そして、ついに・・・

 キターーーーー!!!

 現代社会・・・100点!!!!!

 すごい!

 
すご過ぎる!

 今までの息子のテストなんて、100点満点か
50点満点かすら解らない一桁のオンパレード

 それが、、、

 『すげ~!すごいねぇ~!天才じゃん~!!』
と、一人はしゃぐ母。(^▽^;)

 すごいですね、

 だから、人生って面白い。

 だから、子育てって侮れない。

 人生に絶対無理なんて事はないんだ。

 まるで季節はずれに桜が満開に咲いた。

 そんな心境の私でした。
 以前にも書きましたが、息子の深夜のお散歩

 雨の日以外は夜の11時位に家を出て、2時間近く
息子曰く『散歩して、公園で歌を歌ってる』という
にわかには信じられない行動。。。

 その真相を目の当たりにしました!

 それは娘が大学から帰るのが遅くなり、
最寄の駅まで迎えに来て欲しいとメールが入った日。

 お迎えの時間は0時過ぎ
ふと息子の部屋を見ると、案の定、深夜のお散歩に
出かけたらしく、姿が見当たりませんでした。

 『また公園か・・・。』

 『こんな時間に・・・。』

 『しかも毎日・・・。』

 『・・・・・・・・・・。』

 心当たりのある公園は2箇所
そこで、娘を迎えに行く途中、探してみる事にしました。

 以前、会社の同僚に息子の行動を相談したら、
『きっと彼女と逢ってるんだよ~』なんて事を言われ、
まさか~とは思いつつ、ちょっと心配になる私。(笑)

 車に乗るとゆっくりと公園に向いました。

 初めの公園は空振り。
しかし、深夜の公園は怖い。。。

 そして、次の公園の前に車を止め、目を凝らすと・・・

 『う!ブランコに人影が!!』

 殆ど真っ暗な公園に一つのシルエット

 『すご~く怪しい。。。まさかあれが息子!?』
と、考えつつ、携帯で息子の電話にかけてみると、

 人影が動きました!
着信音は聞き取れなかったのですが、ごそごそと動き、
そして、不在を知らせる音声が入ってきました。

 直後、息子からのメールが届きました。

 『うるせえ』と、一言。

 そして更に『散歩中だ!!もう』と第二弾が。。。

 人影が動き、確信した私は

 『お姉ちゃんを迎えに行くからおいで』と返信しました。

 すると『え~』『何処に?』と息子からの返信が・・・。

 間違いない。 あの怪しい人影我が息子だと確信した私は

 『そばにいるよ』と、返し、車の窓を開け、手を振りました。

 そうです。
息子は確かに息子の言うとおり、公園のブランコに一人で
いたのです。
 そして小声で歌を歌っていたのです。

 よく解らない。 凡人の私には到底理解できない息子の行動。

 しかし、息子の日課は続いています。
今日も・・・。o( ̄ー ̄;)ゞ
 高校生活 
 最近めっきりさぼっていたブログ・・・。
特に問題もなく息子は高校に通っています。^^

 変わった事と言えば、行動範囲が広くなりました

 定期券を持った事で、息子は時々東京上野
日暮里などに休日出かけ、電車の写真を撮るように
なりました。

 しかも一人で。

 ついこの間までは一人では遠出など出来なかった息子。

 それがしっかり成長して一人で出かけているのです。

 撮った写真はすぐに私の携帯に送ってくれます。

 『新幹線。ほい』

 と、そっけない文面。
でも、私が新幹線が大好きだと知っている息子が
送ってくれた大切な添付メールです。(o^-^o)

 我が家のルールで携帯電話は高校生になってから持たせたので、
それ以来、たまに送られてくる息子とのメール交換を楽しんでいます。
その代わり電話には出ません

 『電話にがて』

 何度も電話する私に対して息子から送られたメール。
まぁ、なるほど・・・。 と思ったりもします。

 今日は初めての個人面談に行って来ました。
でも、高校生活についてはあまり心配はしていませんでした。
 何故なら、そういった特性を充分過ぎるほど考えてくれている
高校だと知っての入学だったからです。

 そして、息子が早めに家を出ている事
それは紛れも無く自分の居場所としての高校生活
手に入れたと言う事です。

 毎日一番に登校している息子。
そんな息子の後姿を見送りつつ今は安心している
私です。(⌒∇⌒)

 
 高校生 
 玄関に広げた大きめな制服、革靴。。。

明日は息子の高校の入学式です。

高校生の息子を見れるとは思っていなかった昔。

そう。

本当に、昔々なんですね。^^

ネクタイの結び方を教える私。
中々覚えられない息子。
でも、いつの間にか私の身長を追い越していたんです

生後6カ月検診で発育が遅いと言われた息子。

中々歯が生えず、焦って歯科でレントゲンを撮ってもらった事。

小学校の入学式の後、家で泣いていた私

言語科が終わった後、デパートの屋上で遠くを通る電車を
息子と一緒に見た日々。

そう。みんな昔々なんですよね。

永遠に時が止まってしまうんじゃないかと、
眠れぬ夜を何度も何度も乗り越えて、息子のわずかの成長に
涙を流し、子供を育てるということの尊さを噛みしめた私。

明日は息子と一緒に新しい第一歩を踏み出します。^^

そんな感傷に浸っている私に対しての息子の一言

『色々ありがとう』なんて、気の利いたセリフではなく、

 『ってかさ~、入学式に別に来なくてもいいよ』という
思わず脱力してしまう一言。

まぁ、それも成長ですかね。(笑)
≪ Back   Next ≫

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9]

Copyright © 日々の徒然日記 ^^。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By SweetTime / Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]