忍者ブログ
 発達障害を持つ息子との毎日。                                                      息子の成長を願い、望み、時には喜び、時には悲しみ、                                           それでもきっとたくさんの花を咲かせてくれると信じて過ごしている様子です。                                    私の愛すべき娘と息子との日々をご紹介します。(^∇^*)♪
| Admin | Write | Comment |
カレンダー
06 2019/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
プロフィール
HN:
鈴蘭
HP:
性別:
女性
職業:
介護福祉士
趣味:
娘と息子♪
自己紹介:
 発達障害の息子と共に歩む
母親です。
 毎日を楽しく過ごす事を
目標に頑張っています。^^
 それでもやっぱり楽しい
事ばかりではありません。
 時々グチもこぼしますが、
宜しくお願い致します。
ブログ内検索
最古記事
 [PR] 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 世田谷区に住みたい!

 何気なくニュースを見ていると、来年4月
世田谷区『発達障害』専門の施設が完成するとの
ニュースをやっていました。

 更に既に4箇所の相談機関もあり、まさしく区が
全力『発達障害』について取り組んでいる事は
明らかです。

 何故?

 同じ日本でこんなにも市区町村でがあるのでしょうか。

 世田谷区がやっているという事は『出来ない』のではなく
他の市区町村は『やる気が無い』と、思われても仕方が
ないのではないでしょうか。。。

 もちろん予算の都合もあるかもしれません。

 でも・・・

 やろうと思えば出来るのでは・・・?
漠然とそんな気持ちが湧き上がってきました。

 私の市では来年新たに通級を設ける中学校
出来るとお知らせがきました。

 理由は『支援を必要とする子どもが増えているから』
だそうです。
 そして、息子も近くの新しく出来る通級に移るよう
説明会
が開かれるとの事です。

 『増えている?』 違うでしょう・・・
『見過ごしてきた子どもにやっと気付いた』でしょう。

 いきなり『発達障害』が増えるかい!!

 それが私の印象でした。

 世田谷区に引っ越したい。。。
他の市区町村も数年後、いえ数十年後にはそういった
施設が出来るかもしれません。

 でも、それでは息子の将来に間に合わないのです!

 ・・・でも、現実的に簡単に引っ越すなんて出来る訳は
ありません。。。

 私たち『発達障害』を持つ子どもの親たちは、
少しの支援、少しの理解を求め、まだまだ彷徨うしか
ないのでしょうか。。。

 世田谷区が先陣をきってどんどん発展していく
姿を喜びと羨望の眼差しで見守りつつ、心の中は
複雑な思いに苛まされている私でした。。。
PR
 昨年までは、半信半疑ながら、サンタさんの存在
信じていた息子。
 毎年クリスマスプレゼントが届いた朝には

 『ママ~! サンタさんってやっぱりすごいんだよ!
ボクの欲しいものをくれたんだよ~!』
と、私に
教えに来てくれた息子。

 しかし今年は・・・

 ガサゴソとプレゼントを無言で開ける音・・・
そして『おお~』『おおお~』と、小声で一応
声を出している感じです。。。

 サンタさん伝説からはどうやら卒業した息子。
少し寂しい気もします。

 しかも私が『あ!wiiじゃん!すごいねぇ~♪』と言うと
『・・・ママ・・・白々しい驚き方だよ・・・』と、冷めた一言を。。。
 
 いいもん。 サンタクロースは信じた人の元
一番欲しい物を届けてくれるんだから・・・。

 だって・・・

 だって・・・

 私には『特大リラックマ』がきたんだも~ん
昨夜の夜勤はやはり大変でしたが、いつもとは少し違う私

 『家に帰れば、家に帰れば、きっとリラックマが出迎えて
くれるはず!』
そう思い、時々『ふふふ・・・』と、笑い声を
もらし、仕事に励んでいた私。ヽ(´▽`)/

 仕事を終え、玄関を少し開けて覗くと、大きな箱が・・・

 おおお~! 箱にまでリラックマの絵が!

 『キャラクター専用のダンボールまで作っているとは
ずいぶん儲かっているんだな・・・』
などと、俗世間的な
発想をしつつ、自室に大切に運んだ私。

 でも! まだ開けません。

 今日は自分の病院にも行かなければいけなかったし、
夕方からは施設の全体会議があったので、とりあえずは
面倒な事を全て終わらせてからゆっくりじっくりとご対面
したかったのです。^^

 そして先ほどやっとご対面♪

 ああ~~~ やっぱりカワイイ!!

この可愛さ! 私の行っている心療内科にもたくさんの
リラックマが飾られているのですが、心を癒してくれる
この愛すべきキャラクター。 やっぱりかわいいです♪

 しかし・・・

 身長は110cmなのですが、顔がでかいです。。。
2・5頭身くらいでしょうか。。。
 ベッドに寝かせると殆ど横幅が同じです。。。

 かわいいけど困った。。。

 さて、私はどうやって寝よう。。。

 一緒に眠れると考えていた私はちょっと困っています。

 娘は『まさかリラックマを床で寝かせたりしないよねぇ~』
不適な微笑を残し、さっさと寝に入りました。
 息子は『ママ、ボクのベッドで寝ていいよ』と、親切な事
言いつつ、私のベッドでリラックマと寝ようとしています。。。

 こらこらこら~! と、息子を追い払い、
しかし、さて、どうしよう。。。
 夜勤明けのうえ、病院や会議に行き、もうへろへろです。。。

 眠い・・・ しかし私のベッドではつぶらな瞳をした
リラックマがで~~~ん!と 寝ています。。。

 困った・・・

 眠い・・・

 でもかわいい♪

 こうして悩みながら時は過ぎて行くのです。。。(^^ゞ
 もう時間はない!

 サンタさんに何も頼まない息子はある意味
満ち足りているのだろう・・・。

 よし。 サンタさんが決めてやる。

 と、サンタさんは車にキーを差し込み、回すと・・・

 ふにゃらら・・・ と、嫌な感触・・・

 こ・・・ これは・・・

 バッテリー ぴ~んち!の手ごたえ!

 確か今年の夏くらいもこの感触を味わいつつも
近所のコンビニに行き、駐車したら、案の定、帰りに
エンジンがかからず、泣きながらJAFの到着を待っていた
苦い記憶が・・・o(T^T)o

 しかし、サンタさんには時間が無い!
ここで車を降りたとしたら、次はもうエンジンはかからない
だろう・・・。

 仕方ない。 とりあえず走ろう・・・。

 娘を隣に乗せ、走ったものの目的地は10分少々
バッテリーが充電されるとは思えません。
 この年末の忙しい最中JAFがすぐ来てくれる保障も無い。

 困った・・・

 あ! 目的地に行く途中にトヨタのお店があった♪

 担当の人がいるかどうか解らないけど、とりあえずGO!

 事情を説明し、見てもらうと案の定『これは交換した方が
いいですねぇ』
との事。

 実は殆ど車には乗りません。
2年前の車検時から1000kmしか走っていないらしく、
担当の方も驚いていました。

 でも、車は好き♪

 自分で買った車は本当に愛おしいし、車の中にいると
心が落ち着きます。

 確かJAFで交換して貰った時には5~6000円だったと
思うのですが、トヨタでは8600円・・・
 バッテリーの値段も上がっているそうです。(T△T)

 思わぬ出費に泣きつつ、まあ、これも車への
クリスマスプレゼントだと思い、目的地に到着。

 見るのはやはりゲームコーナー。
娘へのプレゼントはPSPとゲームのセット。
最近は比較をする事が出来るようになった息子。
DSソフト1本では、『お姉ちゃんの方が高い・・・』
文句を言われるのは目に見えています。

 仕方ない・・・。

 Wiiだ。。。
とっても疲れているサンタさんには混んだ売り場でゆっくり
考えられるほどの力は残っていません。

 あ~! お金がない~!

 と泣きつつカードで買ったプレゼント・・・。

 いつも年末には一人だけでホテルに泊まりに行き
1年の疲れを癒すのを楽しみにしていたのですが
今年は諦めよう。
 行ったとしても寝ているのがオチだ。。。

 健気なサンタさんは疲れて家に帰り、
ネットで・・・

 ネットで・・・

 『サンタさんだってプレゼントが欲しい!』と、

 リラックマ特大ぬいぐるみを購入~♪

 ブーツと洋服をネットで購入~♪

 天然石ブレスとストラップをネットで購入~♪


 サンタさんは大暴走。

 よし。 これでまた明日から頑張れる。
と、言うか頑張らないと生活できなくなってしまった。。。

 まぁホテルに泊まりに行けば3万円はかかるんだから、
それから比べればいいでしょう。 と自分を納得させる
サンタさん。ヾ(;´▽`A``

 いいですよね。

 今年も1年頑張ってきたんだから。ヽ(´▽`)/へへっ♪
 焦っています。

 とっても焦っています。

 サンタクロースはとっても焦っているのです!

 夜勤、遅番、また夜勤・・・と、仕事が忙しく、
中々息子と話す機会がありません。

 ちゃっかりものの娘は『サンタさん、お願い♪』
というメールを私のPC宛に送ってきて、開いてみると
ゲームショッピングの画面が・・・

 『ああ、そう。サンタさんにね・・・』

 くっそ~・・・

 最後のプレゼントとして、今年18歳になった娘に
教習所に通わせているのですが、『ママからの
プレゼントはこれで最後だけど、サンタさんはだよね♪』
とぬけぬけと言う娘・・・

 これから大学でお金がかかるのに、少しはサンタさんの
懐具合も心配しろよ・・・と、心の中で突っ込みを入れる私。

 まあ、いい。

 娘のプレゼントは決まった。

 残るは息子だ。

 しかし! 今日、22日午後9時時点で、
サンタさんに何をお願いするか決めかねている息子。

 おいい~! 早くして! と、サンタさんは大焦り。

 今日は夜勤明けで明日はお休みだけど、24日は遅番
25日は夜勤
 と、するとサンタさんの出番は24日深夜!
 でもって逆算するとプレゼントの仕入れ期限は23日

 つまりあ・し・た!

 早く決めないと『文部省推薦図書』にするぞ~!

 と、サンタさんは今夜も娘と息子の会話に聞き耳をたてて、
息子が何を望むのか探ろうとしているのでした。(^▽^;)

 ナースコールが鳴ると、連動してそのフロアの固定電話
スタッフ専用のピッチにその部屋番号が表示されます。

 ここの施設に来て早3ヶ月
未だに部屋番号とご利用者様の名前が一致しません。
ナースコールで表示される部屋番号

 『え~と、この部屋番号は誰だっけ?』
考えれば考えるほど気持ちが焦り、解らなくなります。
 いえ、別にすぐに名前が解ろうと、解るまいと
対応の仕方は同じなのですが、ピッチで呼びかける時に

 『はい。少々お待ち下さい』 と言うのと、

 『◎◎さん。ちょっと待っていて下さいね』 と言うのでは
相手に与える安心感が違うと私は思うのです。

 だけど解らない。。。

 覚えられない。。。


 私の担当フロアは18床、満室です。
でも、たかが18床。
入社して3ヶ月。。。

 のせいなのか、それとものせいなのか、、、

 覚えられないのです。

 今日も私より1ヶ月遅く入社した日勤帯専門の、
そして私より5歳年上のスタッフがナースコールの
部屋番号を見て、『△△△号室からだ。◎◎さんかな』と、
対応に走って行く姿を見ながら、少し疎外感を・・・

 いえ、誰にも指摘された事も、注意された事も
ありませんし、それ程気にする事ではないのかも
しれませんが、ふとそんな時に息子の事を思い出します。

 『息子もこんな感じなのかな・・・』と。

 周囲はどんどん覚えていくのに、同じように一緒にいても
自分だけは覚えられない、出来ない。。。
 
 『何でだろう』

 そう、思うのだろうか。。。などと考えます。

 の場合は支障はありませんが、息子の場合はそれが
日常であり、それが学校生活での障害に繋がる事でもあるのです。

 しんどいだろうなぁ。。。

 本当にそう思います。

 そして更にスタッフの名前も覚えられないのです。(T△T)
これは相手に失礼だ、、、とても失礼だし、不便だ。。。

 例えば誰かに、『今日の2階の日勤は誰だっけ?』
聞かれた時など
 『え~と、え~と、あの笑顔がすごく可愛くて、よくお風呂介助を
している30歳くらいのスタッフの人』
と、なが~い説明をしないと
相手に伝わりません。
 しかも『ああ、じゃあ△△さんかな?』と名前を出して聞き返されても
『うん。たぶんそう』等と曖昧な返事になってしまいます。

 ロッカールームに貼ってある名前を見ても誰が誰なのか
解らないのですが、実はよく一緒にお話をするスタッフだったりして、、、

 最近になってやっと3人のナースの名前と顔を覚えた私。

 う~ん。。。何故だろう。。。

 解らない、辛い・・・でも
それによって息子の疑似体験が出来たとでも言いましょうか。
少し息子を身近に感じる私です。(^▽^;)

≪ Back  │HOME│  Next ≫

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]

Copyright © 日々の徒然日記 ^^。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By SweetTime / Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]